2021年1月10日日曜日

♪コロナ時代を楽しむ♪

 新年になってからすでにR.H君の投稿がありましたが、あらためて、皆さま、あけましておめでとうございます。今年も、引き続き、ブログ「創英意匠商標部門 ぶらぶら日記」をよろしくお願いします。
 なかなかコロナが収まりませんね。緊急事態宣言の再発令ということで、弊所でもあわただしく準備がなされ、その後、多くの人たちが在宅勤務へとシフトしました。ひととき活気が戻ったオフィスも、またガランとしてしまいましたね。
 通常ですと、1月は、お客様のところに新年のあいさつに伺い、その後に新年会という日が続くのですが、今年はそれもできません。でも、訪問できない代わりに、WEB会議形式による新年のあいさつが活発になりました。これもニューノーマルなのでしょうね。
 さて、コロナ時代はまだまだ続きそうです。こうなったら、元に戻ることをひたすら待ち続けるよりは、いつ終わるかわからないコロナ時代を徹底的に楽しむことにしました。
 コロナ時代は、人と集まることが難しくなる一方で、オンライン技術が急速に発達し、オンラインでのサービスが活発化してきているようです。そんな流れの中で、オンラインのヨガスクールを見つけました。soelu (https://soelu.com/)というスクールです。
 このスクールは、15~60分単位のヨガレッスンを、オンラインでバリエーション豊かに提供しています。毎週何曜日の何時からという決まりはなく、多くのヨガインストラクターが、自分の都合の良い時間にそれぞれレッスンを提供していますので、スケジュール表を見て、自分の好きな時間帯に、自分の好きなインストラクターのレッスンを受けられます。また、ビデオレッスンではなく、ライブレッスンですので、レッスン中はインストラクターにポーズをチェックしてもらえますし、レッスン後にインストラクターと会話をするようなことも可能です。一方、他の参加者から自分の姿を見られることもなく、インストラクターにさえ自分の姿を隠せる「ギャラリー枠」での参加も可能ですので、シャイな人にもおすすめです。そのうえ、今なら、たった100円で、30日間のトライアル期間中、レッスンを受け放題になります。なんか、soeluの回し者のようになっていますが、久々に、「当たり」のオンラインサービスを見つけた感じです。
 一昨日も、お客様とのWEBミーティングの際に、「私、オンラインでヨガレッスンを始めたんですよ」、「えっ、私もやっていますよ」、「もしかしてsoeluですか?」、「はい、そうです。」、「では、今まで、同じレッスンで偶然お会いしているかもしれませんね。」「そうですね。今後もお会いしたらよろしくお願いします。」などと盛り上がりました。(注:レッスン中、他の参加者の姿は見えないので、実際には、お互いに会うことはない。ただし、インストラクターが、ニックネームで生徒に呼び掛けることがあるので、「あっ、もしかすると○○さんかも」、と想像する楽しみはある。)
 今朝もヨガのレッスンを受けて、心と身体をすっきりさせてからこのブログを書いています。



 コロナ時代で外での活動が制限される中、自宅でのオンラインヨガレッスンをとことん楽しんでいこうと思います。
(意匠商標部門長T.K.)
 
 興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村
弁理士ランキング

2021年1月8日金曜日

弁理士試験 論文式試験後の過ごし方

弁理士のR.Hです。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

このような状況下でこのブログも自宅から書いていますし、年末年始のお客様とのご挨拶もオンラインで行う等、
新しい日常が当たり前に感じられつつも、改めて昨年からの変化を実感することもある日々を過ごしています。











今年度の弁理士試験の論文式試験合格発表は通常の9月ではなく今月末なので、
結果発表を今か今かと待っている方も多くいらっしゃることかと思います。
数年前の話ですが、私も論文試験の結果をとにかく早く知りたかったので、
合格発表の日はオンラインより数時間早く貼り出される掲示板を見に行くために有給休暇まで取りました。

マークシートで合否が予測しやすい短答試験や合格率の比較的高い口述試験と異なり、
相対的な部分が大きい論文試験後が一番もやもやした時間だったと記憶しています。

この時期、口述試験の勉強をすべきことは言うまでもありませんが、別業種から知財業界への転職を考えていた私は、
知財業界の転職サイトや各特許事務所のHPを閲覧していました。モチベーションアップもさることながら、
合格後スムーズに動けますし、何より各事務所で特色があり純粋に面白いですので、
特許事務所への転職を考えられている方だけでなく既に事務所勤務の方にもお勧めです。
(他事務所のHPを見る機会って意外とないですよね…)

私は論文試験の合格を確認して口述試験の練習会と並行して、複数の特許事務所の説明会にも参加しました。
合格発表前にはなりますが、創英でもオンラインでの説明会を行っていますので、末尾でご紹介させていただきます。
当時は名古屋から新幹線で往復して参加していたので、オンラインで参加できるとは便利な世の中ですね・・・
冒頭の話ではないですがこれもコロナによる新しい日常の一つと言えそうです。

                                                (R.H) *************** 知財業務のプロフェッショナルを目指す若手人財を募集しています。
*****お知らせ******
創英・オンライン個別説明会(新卒、転職者向け)
首都圏・京都・福岡共通
対象:
・特許事務所で知財の実務担当者として働きながら、知財のプロフェッショナルになることを検討しておられる方
・実務経験/未経験は不問。未経験者歓迎。創英の「叩き上げメソッド」で一人前になって下さい。
・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎
詳細と申し込み要領は、こちらの頁。


にほんブログ村
弁理士ランキング

2020年12月28日月曜日

♪外国語会話のレッスン♪

 突然ですが、5年前から、スペイン語会話のレッスンを受けています。 スペイン語会話を習いたいと思ったきっかけは、ASIPI(インターアメリカン知的財産協会)のアニュアル・ミーティングに参加するようになったことです。ASIPIのアニュアル・ミーティングには、中南米の知財弁護士が多く参加しており、公用語はスペイン語です。中南米の知財弁護士は大抵英語を話しますので、私と会話するときは英語で話してくれます。しかしながら、彼ら・彼女らが集まると、スペイン語で楽しそうな会話が始まります。「この会話に参加したい!」という思いが、私にスペイン語会話学校の扉を開かせました。
 スペイン語会話学校といっても、私が通う学校は、「SPANISIMO」というオンラインスクールです。
https://www.spani-simo.com/
 このオンラインスクールは、私のライフスタイルにぴったりとフィットしました。それが、5年も継続できている理由だと思います。
 まず、授業料が安い!1回50分のマンツーマンレッスン(オンライン)が1,000円以下で受けられます。東京のスペイン語会話学校ではありえないほど破格です。
 また、先生は、全員、グアテマラ在住なので、レッスンが開催される時間帯は、日本時間で夜遅くから早朝にかけてです。すなわち、日本のリアルな学校が営業していない時間帯にレッスンを提供してくれます。例えば、ちょっと早起きして、出勤前の早朝の時間をスペイン語会話のレッスンに割り当てることもできてしまいます。
 さらに、多くの先生のスケジュール表が公開されていて、好きな先生と好きなレッスン時間を自由に選べます。ですので、ある先生と気が合わなければ別の先生を選べばよく、この点でも長続きします。
 下の写真は、私のお気に入りの先生の1人であるLinda先生です。「ブログに写真を載せてもいい?」と(スペイン語で)聞いたところ、「もちろん!」と快諾してくれました。
 皆さんも、出勤前の朝のひととき、贅沢にスペイン語会話を楽しむライフスタイルを送ってみてはいかがでしょうか?。
(意匠商標部門長T.K.)

 興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。


にほんブログ村
弁理士ランキング

2020年12月21日月曜日

♪お昼の放送♪

 創英では、11月以降、毎週金曜日に「お昼の放送」を実施しています。中学や高校の放送部が、給食の時間帯に、音楽をかけたりトークイベントを行ったりしていた、あの「お昼の放送」です。

 創英の「お昼の放送」は、情報システム部が主体となり、お昼休み明けの15分間、所員向けのコンテンツを発信します。情報システム部が主体となって始めたため、テーマは、コンピュータウイルスに関するものや、所内 ITツールの利用方法や、メーラーにおけるお役立ち機能など、ITに関するものが多いのですが、IT以外にも、いろいろな所員が「出演者」となって、いろいろなテーマで情報発信をしていこうということになりました。

 そんな流れの中で、先週の金曜日は、私が「お昼の放送」の「出演者」になりました。私は、ITについて話をするネタが無いので、今まで海外からのお客様の訪問受入対応や国際会議への参加など経験を活かし、泥臭くてもよいから何とか現場で英語によるコミュニケーションをとっていくための手法について、「黒川流 英語コミュニケーションの手法」というタイトルで話をしました。


 「お昼の放送」の視聴は各所員の自由ですが、敏腕プロデューサーI君の宣伝効果も相まって、100人以上の所員が視聴してくれました。手元の集計では、視聴率38.7%です。ドラマ「半沢直樹」の平均視聴率が28.7%、「3年B組金八先生」の平均視聴率が26.3%ですので、38.7%の視聴率というのは、驚異的でした。

話の中で、「英語コミュニケーションにおいて、つまらない話題、理解できない話題が続いたら、『By the way』と言って、積極的に話題を変える」という「By the way(ところで。。。)」作戦というものを紹介したところ、視聴後のアンケートで、「黒川さんはそんなずるいことをしていたのか。」とか「とても良い方法を教えてもらった。すぐに実践してみたい。」と賛否両論のコメントをいただきました。こんな「視聴者」とのやり取りも面白かったです。

「お昼の放送」、まだまだ続けていきたいですね。

(意匠商標部門長T.K.

 

興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。


にほんブログ村
弁理士ランキング

2020年12月12日土曜日

♪ヨガレッスン♪

 創英では、首都圏のオフィスを、丸の内一極集中型オフィスから、丸の内オフィスの周囲を多くのサテライトオフィスが取り囲む分散型ネットワークオフィスへと移行しています。首都圏のいろいろな場所に住むスタッフの通勤環境・就業環境をできるだけ快適にし、効率アップを図るためです。分散型ネットワークオフィスへの移行は、コロナの影響で図らずも加速され、今年だけで、4つのサテライトオフィス(吉祥寺、大宮、千葉、柏の各サテライトオフィス)と1つの支店(横浜オフィス)が次々とオープンしました。

 この流れに伴い、丸の内本部オフィスも新年早々のリニューアルが予定されているのですが、多くの人がサテライトオフィスに分散していったため、丸の内本部オフィス内に、一時的に、広大なスペースが生まれました。

 この広大なスペースを遊ばせておくのはもったいないということで、特許部門のムードメーカーであるNさんを中心とした有志数名が、お昼休みのヨガレッスンを企画してくれました。

 お昼のチャイムが鳴ると、体操着に着替えた所員がこのスペースに続々と集まってきて、インストラクターの指示に従いながら、身体を動かしました。こんな感じです。






静かな音楽に合わせて、自分の心と身体に感謝しながら、みんなで一緒に、身体のいろいろな部分を伸ばしていく。何故だかわかりませんが、すごく心地よくなりました。ヨガレッスンへの参加は、初めてでしたが、ヨガの魅力にはまってしまったようです。

下の写真は、静かな心で、私が身体を動かしているところです。


 「ヨガではなく、オレンジ色のダンゴムシみたいだ」などと決して思わないでくださいね。一生懸命やっているのですから。。。

ヨガレッスンは、それぞれの人たちの間のスペースも確保でき、大声で話すこともなく静かに行われるので、コロナ時代に最適なイベントのような気がします。またやりたいなあ~、よろしくお願いします、Nさん!

(意匠商標部門長T.K.

興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。



にほんブログ村
弁理士ランキング

2020年12月8日火曜日

♪商標井戸端会議♪

 在宅勤務者が増えてきました。
 オフィスにいれば、いろいろなところで簡単に立ち話ができるのですが、多くの人が在宅勤務をしていると、必然的に、立ち話的なコミュニケーションが減ってきてしまいます。
 そこで。。。
 「商標井戸端会議」を開催することにしました。
 毎週1回、ランチタイムに、意匠商標部門のメンバーをWeb会議システムでつなぎ、雑談(井戸端会議)をするという企画です。
 いきなり「雑談をしよう」と言われてもなかなか難しいので、毎回「話題提供者」を決めて、その話題について雑談をしようということになりました。
 第1回の昨日は、私が話題提供者となり、単色の色彩商標の登録可能性についての知財高裁判決を紹介しました。
 この事件は、指定商品の需要者が誰であるか、使用による識別力に関するアンケートの方法、独占適応性についての考え方など、面白そうな「話題」がたくさん詰まっています。さぞ面白い議論ができると思いきや。。。
 説明に熱が入り、事案の紹介だけでタイムアップ。残念ながら、議論は来週に持ち越しです。
 初めての試みだったので、終了後に「商標井戸端会議」の感想を聞いてみました。意匠チームのMくんは「あまりなじみのない話だったので、詳しく説明してくれてとても分かりやすかった!」と言ってくれました。でも、商標チームのベテランで歯に衣着せない物言いのMさんからは、「説明が長すぎる!」の一言(;_;)。
 いずれにしろ、コロナによるニューノーマルな時代に適合した新たなコミュニケーション手段をいろいろと考えていきたいと思っています。
(意匠商標部門長T.K.)

興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。

にほんブログ村
弁理士ランキング

2020年11月17日火曜日

♪新人歓迎会♪

  昨夜は、創英意匠チームに来春入所予定のHさんの歓迎会でした。

 歓迎会といっても、「オンライン歓迎会」です。

 「なーんだ、オンラインか。」と思った人はいませんか?

 創英意匠チームのメンバーは、東京オフィス、京都オフィス、福岡オフィスに分散しており、内定者のHさんは、現在、愛知県在住です。ですので、みんなで集まって歓迎会開催しようとすると、参加者の移動距離が半端ではない。

 こんな状況にピタリとマッチするのがオンラインの会です。

 昨夜は、京都オフィスのNくんが音頭を取り、オンライン歓迎会が実現しました。

 オンラインの会では、各自が話を切り出すタイミングが少し難しいため、参加者全員がまんべんなく話をすることができなくなりますが、名幹事のN君が「○○さん、どうですか?」などと、発言者を適宜指名しながら進めてくれたので、スムーズに会話をすることができました。いつもしゃべりたくて仕方がない私は、誰の発言に対しても割り込んでいき、Nくんの邪魔をしてしまいましたが。。。(Nくん、ごめん。)

 内定者のHさんともいろいろと話をすることができました。Hさんは、水泳とトロンボーンと犬との散歩が趣味という、とても素敵な人です。Nさんが「田舎なので、トロンポーンを自宅で吹いても周りの迷惑にならないんです。」と言うと、Fさんが、「うちは都会だから、オカリナを吹くにも大黒ふ頭まで車を飛ばさなければならない。」などと対抗していたのがほほえましかったです。

 Hさんに対して、創英意匠チームのメンバーの紹介も行いました。創英意匠チームは、個性的なメンバーが多いので、Hさんに「思っていたのと違う!」と思われないか少し心配ですが、ありのままの姿を見せられてよかったのではないかと思います。

 Hさん、来春から一緒に仕事ができることを楽しみにしています。それまでは、健康に気を付けて、学生生活をエンジョイしてください。あっ、もちろん、学業もしっかりやってくださいね。

(意匠商標部門長T.K.

 興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。


にほんブログ村
弁理士ランキング