2018年6月10日日曜日

♪素晴らしいチャレンジ♪

先週末まで海外出張が続いたため、昨日の土曜日の夜は、久々に自宅でゆったりとワインを飲みました。
 Bee's Knees Vineyardsのワインです。
 https://www.facebook.com/BeesKneesVineyards/



















Bee's Knees Vineyardsと言われてピンと来る人はあまり多くないと思いますが、私にとっては思い入れのあるワインです。
 何故か?
 それは、このワイナリーの立ち上げ時に、私も葡萄の苗植えを手伝ったからです。















あれから3年たった今、葡萄が収穫できるようになり、ワインとして販売されるまでになりました。オーナーの方に聞いてみたところ私が植えた苗から収穫したブドウも、間違いなくこれらのワインに使われたとのことです。
 ワインつくりの前例が無い茨城県つくば市で、「ワインつくりをやりたい!」と考えたこともすごいですが、実際に行動を起こしてワインつくりを始めたところが本当にすごい!私は、こういう人を本当に尊敬します。
新しいことへのチャレンジを空想することは比較的たやすいです。しかしながら、実際に一歩踏み出すためには、相当な勇気と覚悟が必要です。その勇気と覚悟をもって、一方踏み出した人のことは、心から応援したい。これからもますます頑張ってほしいです。
ところで、このワイナリーの名前になっている「Bee’s Knees」ってどういう意味だか知っていますか?
「一流の人や物。飛び切り素晴らしい人や物」という意味だそうです。「素晴らしいワイナリー」を超える「飛び切り素晴らしいワイナリー」になることを目標にして、この名前を付けたのだと思います。
 私も、このワイナリーのオーナーの方を見習って、Bee’s Knees弁理士になれるよう、ますますチャレンジしていきたいと思っています。
 (商標部門長T.K.)

にほんブログ村
にほんブログ村

2018年6月2日土曜日

♪アメリカ出張~続編~♪

前回のブログでは、INTAアニュアルミーティングへの参加について書きました。 創英からの参加者は、皆、無事に日本(一人はワシントンDC)に戻り、通常業務を始めています。 でも、今回、私は、INTAアニュアルミーティングに参加した後、コロラドに移動し、現在、コロラド滞在中です。 コロラドは、素晴らしいところです。ホテルの周りをちょっとジョギングすると、美しい景色やキュートな動物たちを見ることができます。



















今回コロラドに来たのは、その名も「ロッキーマウンテンIP&ITインスティチュート」という会議に参加するためです。















この会議は、いわゆる国際会議ではなく、コロラド弁護士会が主催するコロラドの弁護士のための会合です。この会合で「アメリカの商標実務家が知っておくべき国際的商標実務」というタイトルのパネルディスカッションが行われ、日本の商標実務について話をするパネリストとして招待されました。
コロラドの弁護士がモデレータとなり、カナダ、イギリス、インド、中国、日本の実務家が、それぞれの国の実務を紹介し、アメリカの実務家からの質問に答えていくというとてもスリリングなディスカッションです。
何故スリリングか?それは、聴衆が全員、アメリカ英語のネイティブスピーカーだからです。いわゆる「国際会議」は、英語のネイティブスピーカーも非ネイティブスピーカーも混ざっているため、ネイティブスピーカーは非ネイティブスピーカーに配慮して、ゆっくり明確に話してくれます。しかし、今回は「国際会議」ではなく、「国内会議」ですので、参加者の話す英語のスピードが並ではなく、また、流暢すぎて単語の切れ目が分かりません(^^;)。ただ、今回は、モデレータがいろいろと配慮してくれ、何とかパネルディスカッションを乗り切りました。モデレータには、本当に感謝しています。
最後に、モデレータとパネラーの集合写真をパチリ。パネルディスカッションを成功させ、あらためて親友のようになりました。











もう1つ、仕事以外にもやり遂げたことがありました。それは、「BolderBoulder」という10kmランニングレースに参加して走り切ったことです。このレースは、コロラド州のボールダーという場所で毎年開催され、5万人以上が参加するという盛大なイベントです。全米で3番目に大きい、世界でも5番目に大きい10kmランニングレースだそうです。通常であれば、10kmを走るのは余裕なのですが、ボールダーは標高が1600mで、マラソンの高橋尚子選手がかつて高地トレーニングをしていた場所です。少し走り出すと、息が苦しくなります。
ただ、このレースはとても面白く、300mおきくらいに、バンドが音楽を演奏したり、ダンスパフォーマンスチームがダンス(例えばベリーダンス)をしたりしながら、ランナーを応援してくれます。















また、ゴール地点であるスタジアムに到着すると、そこでは、何千人という人達がランナーを迎えてくれました。この街の人たちの暖かさを感じました。















長い出張でしたが、明日、日本に帰り、来週からはまた日本でバリバリ働きます。私の不在中、いろいろと助けてくれた商標部門のみんな、ありがとう!
(商標部門長T.K.)

にほんブログ村
にほんブログ村

2018年5月29日火曜日

♪「チーム創英」の団結力@シアトル Safeco Field♪

弁理士MiKです。 先日部門長が書いていたとおり、INTA Annual Meetingが5/19~5/23の5日間、シアトルで開催され、創英からは、若手を中心に9人の弁理士が派遣され、私も参加しました! (私は若手ではありませんが(^^;))
参加したメンバー9人のうち6人は特許部門のメンバーです。Annual Meetingは国際商標協会が開催する国際会議なのですが、参加者には特許関係者も多いため創英からも特許部門のメンバーを派遣しています。我々の参加目的は現地代理人やクライアントとの個別ミーティング、レセプション等の参加を通じてネットワークを構築することです。 参加メンバー9人が常に一緒に行動するのではなく、各自アポをとりミーティングを行い、各自が自由にレセプションやイベントに参加しました。ですので、期間中、創英メンバーがミーティング行ったり新たに知り合った代理人は数百人になるのではないでしょうか。。 とは言っても、全く個人行動ではなく、「チーム創英」として団結力も発揮しています! 例えば、ミーティング相手に特許関係者が含まれている場合は、創英からも商標部門と特許部門のメンバーが参加しました。また、数人でレセプションに参加すると、芋づる式に人脈が広がっていくメリットがあります。 今回、創英はレセプションを行いませんでしたが、取引のある現地代理人やお客様と一緒にSafeco fieldに野球を見に行きました!
創英メンバーは創英野球部のユニフォームを着ています。創英野球部のユニフォームは、もともとシアトルマリナーズのユニフォームを参考にデザインされたものです。そこで、今回のイベントの発案者であるS副所長(特許部門。一番前で絶叫している男性(^^;))の提案で、創英野球部のユニフォームを着て観戦することになりました!
そして試合はマリナーズの勝利!最後にイチローも出てきました!
試合後、マリナーズのマスコットMOOSEと記念撮影! その後はもちろん打ち上げ。シアトルの街に繰り出しました。
にほんブログ村
にほんブログ村 ↑ポチをお願いします!

2018年5月25日金曜日

♪INTAアニュアルレポート参加報告♪


 前回のブログでも紹介したINTAアニュアルミーティングに参加してきました。今年の開催地は、シアトルです。今回は、いろいろと新しいことにチャレンジしてきました。

1つ目は、INTA開催前のゴルフイベントへの参加です。世界各国からゴルフ好きの知財実務家が40人ほど集まり、ゴルフを通じて交流を図ります。今回は、USオープンも開催されたチェンバーズベイというゴルフ場でゴルフイベントが行われました。https://www.chambersbaygolf.com/

海に面したとてもきれいなコースなのですが、やたらとバンカーが多く、とても難しいコースでした。ゴルフのスコアはともかく、夜はみんなで食事をしながら、ゴルフ談義で盛り上がります。共通の趣味を持つ人たちが、その趣味を通じて交流を深めることができるので、今後のお互いの仕事にも役立ちます。来年以降もまた参加したいですね。



 2つ目は、実行委員です。今年は、INTAアニュアルミーティングの実行委員(Project Team)の一員となって、企画に加わりました。電話会議やメール会議を重ね、多くの時間を使いましたが、アニュアルミーティングが無事に開催されてよかったです。
3つ目は、パネルディスカッションのモデレータです。テーマは「商標の識別力~日中韓の実務の比較~」というものでした。韓国と中国から商標実務家を招いて、ディスカッションを行いました。英語でのパネルディスカッションでモデレータをやるのは初めてなので、どうなることかと思いましたが、90人くらいの人が聞きに来てくれて、成功裡に終えることができました。中国・韓国のパネラーの方及び聞きに来てくれた方に大変感謝しています。



 4つ目は、委員会活動です。今年は、「非伝統的商標委員会(Non-traditional Mark Committee)」と「プログラム・アドバイザリー・カウンセル(Program Advisory Counsel )」という委員会に入っています。INTAアニュアルミーティングでは、委員会のメンバーが集まって、ディスカッションを行います。特に、プログラム・アドバイザリー・カウンセルのミーティングでは、INTAアニュアルミーティングをよりよくするためにはどうすればよいかについて、活発なディスカッションが行われました。


 とても充実した5日間の会議でしたが、ミーティングの間に、シアトルの街も楽しんできました。シアトルはシーフードが美味しいとのことで、シーフードレストランにも行きました。茹でたシーフードをテーブルの上にぶちまけて、豪快に食べまくるお店です。


また、お寿司屋さんにも行きました。日本のお寿司屋さんに負けず劣らず、とても美味しかったです。





もう1つ、amazongoというお店にも行ってみました。これはAmazonが運営する、レジを廃止したお店です。あらかじめ専用アプリにクレジットカード情報を登録しておき、バーコードをかざして入店した後は、好きなものと勝手に紙袋に詰めて、そのまま店を出るという買い物スタイルです。店内では、多くのカメラが買い物客を撮影しており、買い物客が何を買ったかを判別して、事後的にクレジットカードにチャージするシステムのようです。やっていることは、合法の万引きですね(^^;)。私もやってみたのですが、私の買ったものがきちんと判別されてチャージされていました。技術はここまで進化したのか、、、と感心させられました。




(商標部門長T.K.

にほんブログ村
にほんブログ村

2018年5月15日火曜日

♪INTAアニュアルミーティング♪


今年もINTAアニュアルミーティングのシーズンが近づいてきました。INTAアニュアルミーティングとは、INTA(国際商標協会)が主催するアニュアルミーティングで、毎年5月に、アメリカのどこかの都市で開催されます(たまにアジア開催やヨーロッパ開催となりますが)。知的財産業界では、おそらく世界最大の国際会議で、世界各国から1万人くらいの商標実務家が参加します。今年は、5/195/235日間、シアトルでの開催となります。

https://www.inta.org/2018Annual/Pages/Home.aspx#

創英は、毎年、INTAアニュアルミーティングに、69人の弁理士を派遣しています。今年も、若手を中心に9人の弁理士を派遣する予定です。派遣メンバーは、皆、着々と個別ミーティングのアポをとっており、大いに活躍してきてくれると思います。

そういう私も、今年は、実行委員会(Project Team)のメンバーになっており、例年より忙しくなりそうです。ちなみに、私は、5/22()11:45から、「日本・韓国・中国の商標法と実務~商標の識別力~」というパネルディスカッションのモデレータをやりますので、INTAアニュアルミーティングに参加している方は、ご興味があれば、このパネルディスカッションにも是非お越しください。


(商標部門長 T.K.

にほんブログ村
にほんブログ村

2018年5月14日月曜日

♪山登り@高尾山♪

先週の土曜日は、創英ワンダーホーゲルクラブの活動で、高尾山に登ってきました。


特許部門、商標部門、法律部門、事務部門、システム部門それぞれのメンバーが参加し、和気あいあいの登山です。いろいろな部門のメンバーが一緒になって楽しむクラブ活動は、所員同士のコミュニケーションを円滑にしてくれていると思います。

高尾山の標高は599m。一昨年制覇した富士山の6分の1の高さしかないのでなめていたのですが、我々が登った稲荷山コースは、かなり本格的な登山道でした。登り始めたときは、皆、元気にしゃべっていたのですが、山頂近くになると、ゼーゼー言いながら厳しい顔になってきました。



しかし、山頂につくと、その素晴らしい景色につらさが吹っ飛んでしまいました。土曜日は天気もよく、きれいな富士山も見えました。山頂まで登ってきてよかったなあという感じです。




突然、大塚製薬のカロリーメイト(登録商標)のテレビコマーシャルを思い出しました。山下達郎さんの歌に乗せ、大学受験生が努力していく様子を、登山に重ねて表現しているコマーシャルです。私は、このテレビコマーシャルを見ると、自分の浪人時代のことを思い出し、いつも涙が出てきてしまいます。素晴らしいテレビコマーシャルですので、是非、一度見てみてください。

山頂を制覇した後は、恒例のBBQです。高尾山BBQマウントという場所で、お腹いっぱい肉とビールを楽しみました。


あ~、今日からダイエットだ。。。

(商標部門長 T.K.

にほんブログ村
にほんブログ村