2022年5月12日木曜日

「立体商標の類否」判決の発祥の地で蛸を食す【たこの立体商標事件 たこやき大阪蜂来饅頭】

 商標弁理士のT.T.です。
 突然ですが、熊本は、実は日本の法律の歴史において重要な地だったりするのです。

 例えば熊本藩では、日本で最初の刑法典御刑法草書」が制定されました。そんな熊本藩で刑法的思考が機能していた逸話として、1867年、ある男が無断で熊本城天守の屋根によじ登り、瓦を投げ捨てて捕まる事件があり、通常ならば問答無用で死罪であったところ、きちんと裁判を行い、男はいわゆる心神喪失の状態であったから、中国の法令で「狂人の場合は終身刑」とした例に倣って、牢に入れるに留まったということもあったようです。 

 そして、熊本藩には「木下犀潭塾(きのしたさいたんじゅく)」と呼ばれる塾があり、唐・明・清の「律」を教えていました。その門下生たちによって、大日本帝国憲法、旧刑法、治罪法(ちざいほう)等の法律が生み出され、日本が近代国家として歩むための礎を築いたのでした。 

 (写真:木下犀潭塾跡 熊本市京町台公園隣)

 ところで、治罪法(ちざいほう)とは、刑事訴訟法のことを意味し、知財法(ちざいほう)ではありません。しかしながら熊本は、知財法においても、画期的な判決を生み出した地でもあるのです。それが、立体商標の類否について、初めてその判断方法の見解を示したたこの立体商標事件」(東京高裁 平成12(行ケ)234号)です。 

 「たこの立体商標事件(蛸の商標事件・タコ事件・蛸擬人化立体商標事件)」とは、「蛸の形状」からなる立体商標登録出願(商願H9-134776)が、「蛸の平面商標」(登録3061941号)と類似することから拒絶査定・審決となり、その審決取消訴訟にて、立体商標と平面商標の類否の判断方法について争われた事件です。
 立体商標の外観の類否判断について、原告は、「商標全体」で行われるべきであると主張したものの、東京高等裁判所は、「所定方向(看者が、立体商標を観察する場合に主として視認するであろう一又は二以上の特定の方向)」から見た時に視覚に映る姿から判断すべきであるとした上で、「蛸の形状」の所定方向(正面図)と「蛸の平面商標」は外観上類似しているとのことから、原告の訴えを退けました(東京高裁 平成12(行ケ)234)。

(出願立体商標:商願H9-134776 第30類「たこ焼き」等)

(引用平面商標:登録3061941号 第30類「たこ焼」等)

 この「たこの立体商標事件」で立体商標(商願H9-134776)の登録が認められなかった原告は、「たこやき大阪 蜂来饅頭」という店を営業しています。商号の一部に「大阪」を名乗っているものの、ばりばり熊本発祥の店であり、熊本を中心として九州中に店舗を展開しているのです。(ちなみに、引用商標(登録3061941号)の商標権者は、北海道北見市の飲食店経営会社のようですが、現在はたこ焼き屋を営業していないようです。)

 そんな蛸の立体商標は、「たこやき大阪 蜂来饅頭」の広告塔として使用されているようです。
 確かに審決・裁判では、第30類「たこ焼き」等の指定商品では登録は認められなかったものの、第42類「飲食物の提供」で出願したものについては、一応、立体商標での登録が認められています(登録4276581)。ちなみに意匠登録もされています(意匠登録1107577 物品:広告塔)。

 タコ焼き屋といえば、駅前商店街、繁華街、ショッピングモールに出店しているイメージですが、「たこやき大阪 蜂来饅頭」は、街の中心街から少し離れたロードサイド型店舗なのです。だから、車から見ても目立つように、「蛸」の広告塔を設置しているという訳ですね。 

 ところで、「たこやき大阪 蜂来饅頭」に設置されている実際の蛸の広告塔は、「たこの立体商標事件」のものとは、異なる部分が存在します。
 それは、顔が、正面だけではなく、背面にも付いている点です。審判や裁判では、立体商標から「擬人化した蛸」という観念が生ずると認定しましたが、実際に使用されている広告塔は、「擬タコ化した生物」若しくは「エイリアン」と言った方が正しいかもしれません。やはり、ロードサイド型店舗ということで、右側から見ても、左側から見ても、蛸の顔が見えるようにするため工夫なのでしょう。

(蛸の背面)

(蛸の側面)

実は、蛸の広告塔には、「たこの立体商標事件」に登場した、棒に刺さったバージョンだけでなく、屋根から乗り出しているバージョンも存在します。こちらの方が、蛸が2体も居座り、インパクト大です。こちらは、平面商標と立体商標で商標登録されています(登録2372403号、登録4179711号)。


(登録2372403号 第30類「たこ焼き」等)

(登録4179711号(立体商標) 第30類「たこ焼き」等、第42類「飲食物の提供」)

 そして、「たこやき大阪 蜂来饅頭」の看板メニューは、タコ焼き550円)と蜂来饅頭110円)です。ソフトクリームも売っています。 
 タコ焼きには、通常のタコ焼きと「たこネ~ズ」の二種類があり、どちらも丁度良い火加減なので、とても食べやすい代物です。やはり、ロードサイド型店舗ということで、車内でも食べやすいようにすることを意識したのでしょうか? 

特に「たこネ~ズ」は、その名の通り、マヨネーズが生地内に練り込まれたオリジナルタコ焼きです。だから一応、商標登録もされています(登録4288659)。ちなみに、通常のタコ焼きにもたっぷりマヨネーズが入っているので、「たこネ~ズ」と通常のタコ焼きに何か味の違いがあるのかと言えば、特にないのかもしれませんが(もちろん大きさや数は異なります)。

(写真:たこネ~ズ)



(写真:普通のたこ焼き)

 「蜂来饅頭」とは、いわゆる今川焼です。生地にはハチミツが練り込まれており、確かに、舌の中でほんわか漂います。白あんと小豆あんの二種類がありますが、私が来た時は、キャラメル味もありました。


 

 さて、「たこやき大阪 蜂来饅頭」まで、私は、軽い気持ちで熊本市中心街からレンタサイクルを借りて行ったのですが、何度も述べるように「たこやき大阪 蜂来饅頭」はロードサイド型店舗であるため、熊本市中心街から10km以上離れた場所に点在しています。そのため、たった2店舗巡るだけでも、いつの間にか日が沈んでいたのでした。

 熊本には馬刺し・太平燕・辛子蓮根といった名物があるにも関わらず、粉ものを食べるだけで終わってしまった。

 (T.T.


にほんブログ村
にほんブログ村

2022年4月19日火曜日

原告&被告の「湯ートピア」巡り【湯~とぴあ事件 結合商標の類否】

 


 商標弁理士のT.T.です。 

 さて、弁理士試験に合格し、弁理士になることは、人生に大いなる変化をもたらすかもしれませんが、「ユートピア」な人生がすぐ待ち受けているかというと、そうでもないと思います。何故ならば、たとえ弁理士になっても、知識と能力の向上のため、終わらない修行の日々が延々続くからです。 

しかしながら、人生の「ユートピア」に辿り着くのは難しいとしても、「湯~とぴあ事件」(平成27年(ネ)10037号)の「湯ートピア」には簡単に辿り着くことができます。 

何故ならば、被告「湯~トピアかんなみ」は、静岡県函南町に位置し、原告「ラドン健康パレス 湯~とぴあ」は、山梨県甲斐市に位置しているため、頑張れば、東京から電車を使い、日帰りで巡ることができるからです。

 「湯~とぴあ事件」とは、登録3112304「ラドン健康パレス\湯~とぴあ」42類「入浴施設の提供」)の商標権者(原告)が、温泉施設「湯~トピアかんなみ」を運営する静岡県函南町(被告)を商標権侵害で訴えた事件です。
 知財高裁は、原告商標の下段「湯~とぴあ」部分について、入浴施設の提供という役務において、全国的に広く使用されているため識別力が弱く、上段「ラドン健康パレス」部分も、一般名称的な意味を示すにすぎず識別力が弱い等の理由で、原告商標は全体として一体的に観察するものであると認定し、被告標章も識別力が弱い「湯~トピア」と地名「かんなみ(函南)」の結合である等の理由で、全体として一体的に観察するものであると認定したことから、両者は非類似であると判断し、商標権侵害には該当しないとしました(知財高裁 平成27年(ネ)10037)。
(左:原告商標、右:被告標章)


 まず訪れた「湯~トピアかんなみ」(被告)は、静岡県「三島駅」から南へ伸びる伊豆箱根鉄道・駿豆線の「伊豆仁田駅」で下車し、そこから東へ徒歩約20分で辿り着くことができます。


 「湯~トピアかんなみ」は、一見、地域にある普通の日帰り入浴施設(利用料700円)といった印象を受けますが、実は、サウナに力を入れているようで、「オンドルサウナ」と、「高温サウナ」の二種のサウナを備えています。 


そして、露天風呂も備え付けており、富士山を望むこともできます。ただし、浴槽に浸かりながらの富士山鑑賞は、仕切り壁に遮られてちょっと難しいです。しかしながら、浴槽脇のベンチに座りながらであれば、仕切り壁を越えて、ちょうど富士山を眺めることができます。サウナから上がった後、露天風呂のベンチで休憩すれば、目も心も体も整えることができるでしょう。


(※休憩食事スペースより撮影) 

 ところで温泉と言えば、その温泉のロゴ入りのタオルですね。150円を支払うと、「湯~トピアかんなみ」ロゴ入りの小タオルを手に入れることができます。ちなみに、スタッフさんは、背中に「湯~トピアかんなみ」ロゴがプリントされたTシャツを着ていましたが、こちらは非売品とのことで、商標弁理士としては少し悔しいです。

 

次に向かった「ラドン健康パレス 湯~とぴあ」(原告)は、「湯~トピアかんなみ」(被告)から一気に北上します。

昼頃に静岡県「伊豆仁田駅」を出発し、駿豆線→JR東海道線→JR身延線→JR中央東線と、途中昼休憩を挟みつつも、乗り継ぐこと約5時間半、夕方には山梨県「竜王駅」に到着しました。そこから南へ徒歩約12分で「ラドン健康パレス 湯~とぴあ」に辿り着くことができます。


ラドン健康パレス 湯~とぴあ」は、ザ・昭和な雰囲気を残す温泉ホテルであり、開発され尽した丸の内に目が慣れた私としては、何だか懐かしい気持ちにさせてくれます。私、平成ヒトケタ生まれですが。

もちろん、日帰り入浴も可能であり、利用料は700円です。
 そして、「ラドン健康パレス」の名のとおり、受付ロビーには、ラドン発生装置が鎮座していました。SFみたいな轟音を唸らせ、浴室へラドンが送られているようです。

 浴室は、通常の温泉ラドン温泉の二種類というシンプルな構成ながらも、レンガ造りの壁からなる重厚な雰囲気が、それを感じさせません。泉質は、ツルツル美肌効果があるらしく、その証拠に、浴室の床も手すりもツルツル滑ります。老人と弁理士受験生は注意が必要です。

 そして、ラドン温泉とは、上記のラドン発生装置から出たラドンを湯に混ぜたものではなく、密閉された空間にラドンとイオンとオゾンを混ぜた空気を充満させた温泉なのです。しかし侮るなかれ、ややヌルい湯だったにも関わらず、湯上り後、体の芯から熱を発して、ポカポカと温まっている感覚がありました。恐るべしラドン。


(ラドンだけじゃなくてネオンもすごい!)

  なお、「ラドン健康パレス 湯~とぴあ」では、タオルは貸出のみであり、登録3112304号「ラドン健康パレス\湯~とぴあ」ロゴ入りのタオルは販売していませんでした、無念。そのかわり、「湯ーとぴあ」の字がプリントされたトートバッグが売っていたので、記念に購入しました(2000円)。

 ということで、今回は「湯ートピア」求め、一日で静岡と山梨を縦断しましたが、やはり、温泉巡りは心と体に癒しを与え、まさにユートピアです。
 ただし日帰りとなると、スケジュール的には、朝6時半頃に家を出発し、帰宅が23時半頃になるので、ユートピアではなかったですが。 

T.T.


にほんブログ村
にほんブログ村


2022年4月11日月曜日

静岡県富士市の「かつれつえん」??【勝烈庵事件 不競法・周知性】

 商標弁理士のT.T.です。 
 さて4月といえば、新卒入社シーズンということで、今年も多くの新卒が創英に入所いたしました。
 ところで私の新卒時代は、某メーカーに就職したのですが、その工場は、静岡県富士市にありました。入社日から2カ月間が工場研修ということで、私は富士市に滞在したことがあったのです。
 だから私は、4月というと、富士市で過ごした日々を懐かしみ、そんな富士市を代表する有名な知財判決「勝烈庵事件」(横浜地裁 昭和56()2100号)をも思い起こしてしまいます。 

 「勝烈庵事件」とは、横浜市のとんかつ料理店「勝烈庵」(原告)が、富士市のとんかつ料理店「かつれつあん」(被告)に対して、「かつれつあん」の表示が、いわゆる周知表示混同惹起行為(旧不競法112号)に該当するとして、差止及び損害賠償等を請求した事件です。
 横浜地裁は、原告の営業表示「勝烈庵」が横浜市周辺で周知であることを認定した上で、富士市付近でも周知であるか検討した結果、①被告の最寄駅「富士駅」と横浜・東京は電車で23時間を要し、通勤や気楽に日帰りで出かけることを想定しうる距離関係にはないことから、くちコミによる方法で「勝烈庵」が周知性を獲得したとは推認できず、マスメディアによって「勝烈庵」が全国的に紹介されたといっても、その頻度はさほどのものではなく、また、富士市の住人にとって、遠隔地にある「勝烈庵」の紹介は、特に関心を引く事項ではないことから、マスメディアによる方法で「勝烈庵」が周知性を獲得したとは推認できない、といった理由により原告の訴えを退けました(横浜地裁 昭和56()2100)。 




(写真:原告「勝烈庵」の馬車道総本店と、勝烈定食(1760円))

 上の写真が示す通り、原告「勝烈庵」は、未だ横浜や鎌倉でとんかつ料理店を営んでいるようですが、被告・富士市「かつれつあん」は、どうなってしまったのか、元・富士市民(?)としては気になってしまうのです。

 手始めに、判決文に記載された情報を元に、被告店舗が入居していたという「鈴久ビル」を検索してみましたが、ヒットせず、また、被告店舗の住所を検索してみると、グーグルマップは富士駅北側の製紙工場を指し示してしまいます。

 「勝烈庵事件」は、昭和58年(1983年)に判決が出た事件だけあって、時間が相当経過していることから、富士市「かつれつあん」は、もはや存在していないのでしょうか?

 ただし、「富士市 かつれつあん」と検索すると、気になるお店がヒットします。それが「かつれつ」です。

 

 どうやら「かつれつえん」は、富士市の老舗とんかつ料理店らしく、名前も「かつれつあん」と、どことなく似ています。しかし、その最寄駅は、富士駅のひとつ北隣「柚木駅(ゆのきえき)」です。判決文では、富士市「かつれつあん」の最寄駅が、富士駅とのことですが、「かつれつえん」は富士駅から大きく離れてしまっています。 

 やはり、「かつれつえん」は、たまたまそういう名前だったというだけであって、富士市「かつれつあん」とは、一切関係ない可能性が高そうに思えます。

しかし、その真相を確かめようにも、私が住む東京都から富士市は、判決文に記載の通り、電車で3時間程度かかってしまいます。とんかつを食べるためだけに往復6時間程度をかけるのは、非常に馬鹿馬鹿しいことですし、何よりも、行ってみた結果、富士市「かつれつあん」と一切関係ないことが判明した場合には、とても虚しいです。

そのため、「かつれつえん」に行くのを渋ること、数年が経過してしまいました・・・

 

・・・ところが4月某日、別件で、富士市を経由する”用事”があったため、丁度良いからお昼ごはんに「かつれつえん」へ行ってみることにしました。 

改めて、「かつれつえん」の場所を説明すると、JR東海道線から「富士駅」でJR身延線に乗り換え、その隣の「柚木駅」が最寄駅となります。柚木駅から県道369号線を西へ進むこと約10右手に「かつれつえん」の看板が見えてきたら、到着です。



 「かつれつえん」は、古民家を改造した風な内装となっており、とても落ち着きます。
 そして、私が注文したのは「とんかつ定食」(1200円)で、ジューシーなとんかつに加え、マシマシの野菜とポテサラも付いてくるので、とても満足いたしました。また、赤味噌を使用した汁物も珍しく、グッドポイントです。

 

さて、私の目的は、食レポをすることではなく、「かつれつえん」と富士市「かつれつあん」の関係性について真相を突き止めることなのです。お会計時、馬鹿なことだと思いながらも、店主に尋ねてみました。 

「すみません、このお店は、昔、富士市にあった『かつれつあん』と何か関係があるのでしょうか?」 

「それ、ウチのことです。」  

!?!?!?意外な即答に、思わず興奮が高まります。
 どうやら35年前のこと、富士駅近くにあった店舗から、現在の場所へ引っ越し、それと同時に店名を「かつれつあん」から「かつれつえん」へ変更したのが真相のようです。


ということで、「かつれつえん」は正真正銘、富士市「かつれつあん」だったのでした。
 「かつれつえん」では、ジューシーなとんかつを食べることができ、判決の後日談も知ることができ、もう私はお腹いっぱいです。

皆さまも、静岡県にお立ち寄りの際は、ハンバーグレストラン「さわやか」ではなく、「かつれつえん」に行くことをおススメいたします。 
 無理を承知に言いますが、特に弁理士受験生には、「かつれつえん」へ行くことをおススメいたします。

知財裁判で勝っ(カッ)ただけに。

T.T.


にほんブログ村
にほんブログ村

2022年3月29日火曜日

マサキ珈琲に行ってみた【コメダ珈琲事件 不競法】

 

商標弁理士のT.Tです。

ところで弁理士とは、その登録を維持するため、「継続研修」が義務づけられています(弁理士法31条の2)。先日受講した継続研修は、弁護士が不正競争防止法について解説するもので、そこで「コメダ珈琲事件(マサキ珈琲事件)」(東京地裁 平成27年(ヨ)22042号)が取り上げられていました。 

 「コメダ珈琲事件(マサキ珈琲事件)」とは、日本第三位のコーヒーチェーン「コメダ珈琲店」が、和歌山市の「マサキ珈琲」に対し、不正競争防止法に基づき、店舗の使用やメニューの差し止めを求めた事件です。
 東京地裁は、「
店舗の外装、店内構造及び内装」について、不競法2条1項1号に該当するとして、使用してはならないとしましたが、「商品(飲食物)と容器(食器)の組合せによる表示」については、不競法2条1項1号・2号の「商品等表示」に該当しないとして、差止が認められませんでした東京地裁 平成27年(ヨ)22042)。
 なお、この判決は、意匠法の大改正(2020年)でも導入された「建築の意匠」や「内装の意匠」においても、重要な意義を持っています。
(写真:マサキ珈琲の外装と内装 平成27年(ヨ)22042号より引用)

さて、この継続研修の受講中ふと、店舗の使用を差し止められた「マサキ珈琲」はどうなったのだろうと、気になり調べてみたら、どうやら「商品(飲食物)と容器(食器)の組合せによる表示」については使用が禁止されなかったためか、未だ和歌山市で、名古屋インスパイア系カフェとして営業を継続しているようでした。(公式ウェブサイト

そこで、弁理士継続研修の復習も兼ね、「マサキ珈琲」へ、ディナー&モーニングを堪能しに行きました。 

 

その場所は「宮前駅」、和歌山駅からJR紀勢本線で一つ南隣です。
 宮前駅を出ると、目の前を県道13号(陸橋)が横切っているので、それに沿って東へ進むこと約5分、右手に「マサキ珈琲(本店)」が見えてきます。(なお、2号店(福島店)は南海電鉄の紀ノ川駅近くにある。)



 
 もちろんですが、「マサキ珈琲」の外装や内装は、ログハウス風ではなく、改装されて普通のファミレス風(?)になっていました。



 

そんなファミレス風の店舗内で早速、「ミックスジュース」(550円)、「ミソカツサンド」(820円)、「ロンドマール」(580円)を注文しました。

 

「ミックスジュース」は、どこか見たことあるカワイイ容器に入っており、容器にはマサキ珈琲のロゴが付されています。ミックスジュースを注文すると、厨房からミキサー音が鳴り響くので、生フルーツから作り立てのようです。味は、バナナが強めです。

「ミソカツサンド」は、さすが、デカ盛の聖地である名古屋をインスパイアするだけあって、巨大でした。
 下の写真からは伝わり辛いですが、いわゆる「逆写真詐欺」というやつを発揮していました。一応、切り分けられていますが、それでも大きすぎるので、さらにナイフで切らないと食せません。

 

「マサキ珈琲」が最もウリにしているスイーツが「ロンドマール」です。
 その外観は、一見「ミニシロノワール」と類似しています。しかしながら、「ロンドマール」は「シロノワール」シリーズと異なり、切り分けられていないため、ナイフを使わないと食せません。また、使用している生地も、デニッシュではなく、ブリオッシュであるため、しっとりした食感です。
 なお、「シロノワール」は商標登録されていますが(登録4490309号、登録5194274号)、「ロンドマール」は商標登録されていません。
 

そして、「マサキ珈琲」の大ファンのために、お得なコーヒーチケット(6枚綴り2250円)も用意されています
 私も、ある種「マサキ珈琲」の大ファンかもしれませんが、いかんせん和歌山は手軽に行ける距離ではありません。そのため、持っていても一生で使い切れそうな気がしなかったため、コーヒーチケットの購入は断念しました。

(写真:マサキ珈琲メニューより引用
 

「マサキ珈琲」でディナーを堪能した翌朝も「マサキ珈琲」に来店。名古屋スタイル喫茶店の特徴であるモーニングサービスを楽しむためです。
 「マサキ珈琲」のモーニングサービスでは、ドリンクを注文すると、トースト(全4種)が無料オマケでついてきます。私は、ピザトーストを注文しました。

 

無料オマケといえば、名古屋スタイルの喫茶店は、ドリンクのオマケにおつまみがついてくることを特徴としています。もちろん、「マサキ珈琲」でもドリンクを注文すると、豆菓子が付いてきます(モーニングサービス時間帯は除く)。

この豆菓子、持ち帰り用に販売もされており、一袋10です。うまい棒ですら物価のインフレに耐え切れず12円に値上げしてしまった昨今、こんな面白商品がたった10円で買えてしまうのです!

そういうことで、記念に大量購入しました。100個購入しても合計1000円。下手なお土産を購入するよりも遥かにコスパが良いです。これは、ミカンに次ぐ和歌山の新名物であること間違いなし!