2021年8月5日木曜日

♪コロナ時代を楽しむ-part2♪

  東京では緊急事態宣言も延長され、みんなで集まってワイワイやる機会もますます遠のいてしまいました。このような時期に、何とか所員同士の交流ができないかと考え、オンラインヨガレッスン&オンライン懇親会を開催してみました。

 インストラクターは、元創英のKさんにお願いしました。Kさんは、創英に勤務していた時から所内でヨガのレッスンをしてくれていたので、今回のオンラインヨガレッスンを企画したときに、真っ先に顔が浮かび、今回のインストラクターをお願いしました。

 Kさんは、創英の古株たちと十数年ぶりの再会だったので、「Oさん、懐かしい。お久しぶりです。白髪が増えましたね()」とか「Tくんは変わらないねえ」とか、あいさつに花が咲きました。

 しかし、レッスンが始まると、さすがプロのインストラクターです。静かな語り口で、私たちの心と身体に平穏を与え、リラックスの境地に連れて行ってくれました。

 また、その後、ヨガのポーズをいくつか練習したのですが、切れのあるお手本を見せてくれました。




 30分間のヨガレッスンの後は、お楽しみのオンライン懇親会です。インストラクターのKさんも含め、参加者それぞれが自分の好きな食べ物や飲み物を調達し、おしゃべりを楽しみました。

 今回のオンライン懇親会にはoViceというアプリケーションを利用しました。

https://ovice.in/ja/

 仮想空間上で、参加者それぞれのアバターを動かし、近くにいるアバターからの声が聞こえてくるというアプリケーションです。あたかもリアルの宴会場で、ところどころにできた小グループ内で会話をしているような感じです。



 古株の参加者たちは、(元創英の)Kさんと想い出話に花を咲かせ、若手は若者グループで盛り上がっていました。しかし、せっかくの機会ですから、自称若手の私も、若者グループに突入し、若者との交流を楽しみました(若者たちがおじさんとの交流を楽しめたかどうかは分かりませんが。。。)

 そうこうしているうちに、時間はあっという間に過ぎ、お開きになりました。

 リアルなイベントとは全く異なりますが、このようなオンラインイベントで所員同士の交流を図っていくことも、ニューノーマルの時代においては必要なことだと思いますので、今後もいろいろと企画していきたいと思います。

(意匠商標部門長T.K.

 

興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。


にほんブログ村
弁理士ランキング

2021年7月12日月曜日

弁理士第1号は、スゴい人だった!?

 

 登録番号第22077号は、キリが良い数字なので、結構気に入っている弁理士のT.T.です。
 さて、初代特許庁長官が、「高橋是清」なのは周知の事実ですが、最初の弁理士第1号は、全く知られていません。

(写真:高橋是清翁記念公園の高橋是清像)

 日本弁理士会では、1899(明治32)年71日に「特許代理業者登録規則」が施行されたことにより、弁理士制度が始まったとしています(なお、71日は「弁理士の日」)。 
 しかしながら、日本弁理士会や特許庁のWebサイトを見ても、最初の弁理士が誰なのか、具体的な記述は見当たりません。いったい誰なのでしょう???


 そこで調べてみると、189973日の官報(第4800号)の12ページ目左下に、「特許代理業者」に初めて登録した5名を見つけることができました。

特許代理業者名簿登録 農商務者特許局ニ於テ一昨一日左記ノ者ヲ特許代理現業者名簿ニ登録セリ(農商務省)
事務所               氏名
東京市京橋區南鍋町二丁目五番地 法學博士 辯護士 岡村 輝彦
右同所 岡村事務所 原田 敬吾
(中略) 抜山庄次郎
(中略) 辯護士 太田 資時
(中略) 淺村 三郎
※引用元:国立国会図書館Webサイト(https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2948090

 「一昨一日」とは、「おとといの(18997月)1日を」を意味し、「特許代理業者登録規則」の施行日189971日とピッタリ重なるので、これより古く登録した者は存在し得ません。
 
また、官報5番目に記載されている淺村三郎先生が創業した大阪特許代言社(現:浅村特許事務所)のWebサイトにも、

1899年(明治32年)
大阪特許代言社は、特許代理業者として登録を行いました(5
※引用元:浅村特許事務所Webサイト(https://www.asamura.jp/history_rev/

と記されており、「(第5号)」の記述は、官報の内容とも一致しています。

 したがって、弁理士第1号は、官報に最初に記載された岡村輝彦博士であることは間違いないようです。


 では、岡村輝彦博士とは、誰なのでしょうか?Wikipediaにも載っている有名な人でした(下記URL参照)。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A1%E6%9D%91%E8%BC%9D%E5%BD%A6 

 経歴を見ると、判事や東京弁護士会会長を歴任しただけでなく、中央大学の設立発起人として名を連ね、中央大学学長(3代目)も務めていたスゴい人のようです。ところで弁理士には、中央大閥がある程、中大卒の方々が沢山いらっしゃるとは思いますが、中大卒弁理士の皆さんは、弁理士第1号が中央大学学長って知っていました?


 岡村輝彦博士が弁理士第1号ということは、その事務所「東京市京橋區(区)南鍋町二丁目五番地」が、弁理士制度上は、特許事務所の発祥の地ということになります。これは旧地名であり、現在の東京都中央区銀座683に当たるようです。

 現在では、特許事務所の面影は全くなく、郵便局、叙々苑、ジュエリーショップ等が入居する立派な雑居ビルとなっておりました(銀座駅B3出口が最寄)。

 

 そして、弁理士第1号である岡村輝彦博士のお墓は、東京駒込の「諏訪山 吉祥寺」にあります(本駒込駅から北へ約4分)。 

 住みたい街で有名な武蔵野市「吉祥寺」の由来でもありますし、駒澤大学の前身でもあり、二宮尊徳や榎本武明などのお墓もある由緒ある寺院です。
 そのため、寺院は結構広く、お墓をお参りするにも一苦労。私は、寺院の職員さんに案内してもらい辿り着きました。

  お墓は、位置的に、おおよそ北西部の角あたり。まず、正門を潜り奥へ進むと、右手に鐘が、左手に二宮尊徳の墓碑が見えてきますので、二宮尊徳の墓碑で左折します。そして、「二宮尊徳の『墓碑』」の看板を目印に、看板右手の道を奥へ真っ直ぐ進むと、最深部に立派な門構えの「奥村家累代之墓」が見えてきますので、これが岡村輝彦博士のお墓です。
 お酒が大好きなのか、缶ビールが沢山お供えしてありました。
 

 大学受験界隈でも、合格祈願に創設者のお墓にお参りをするという話はよくありますが、弁理士受験生の皆様も、日本最初の弁理士に、弁理士試験合格を祈願していかがでしょうか?

(T.T.)

*****************お知らせ*****************

創英では、オンライン個別説明会(新卒、転職者向け)を随時開催しております。

60分間の枠内で行う1対1形式(または2人以上の集合形式)の説明会です(東京・京都・福岡共通)。

対象:

・特許事務所で知財の実務担当者として働きながら、知財のプロフェッショナルになることを検討しておられる方

・実務経験/未経験は不問。未経験者歓迎。創英の「叩き上げメソッド」で一人前になって下さい。

・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎

お申込みはこちらから。

*****************************************


にほんブログ村 
弁理士ランキング



2021年7月3日土曜日

創英コソコソ噂話

こんにちは。

Mです。


自粛期間中、自宅で映画や漫画を楽しむ方が増えたのではないかと思います。

その中でも、やはり「鬼滅の刃」を観た・読んだ方は多いのではないでしょうか。

 

弊所でもブームとなっており、意匠商標部門長のKさんの本棚には、きれいに全巻揃っています(笑)。

さて、このような前置きになりましたが、「鬼滅の刃」に関連する商標出願が話題となりましたので、全集中して、ご紹介したいと思います。

意匠商標部門長のKさんからは、「ブログネタの判断が遅い👺!!!」とお叱りを受けそうなので、急いで書くことにします。

具体的には、キャラクターが着ている羽織のデザインからなる以下の①~③商標について、拒絶理由が通知されました。一方、④~⑥商標には拒絶理由が通知されず、登録査定となっています(①~⑥商標の出願人・権利者:株式会社集英社)。


     商願2020-078058


   
商願2020-078059


   
商願2020-078060



   
商願2020-078061号(登録第6397486号)


    商願2020-078062号(登録第6397487号)


    商願2020-078063号(登録第6397488号)


特許庁としては、階級が「柱」のキャラクターは登録、その他は拒絶と判断したものと推測します。

特許庁の方も「鬼滅の刃」ファンが多いのではないかと思います。


今日はここまでです!(D.M)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


という冗談はここまでにして、本題に入ります。


通知された拒絶理由の内容を要約すると、、

①~③商標は、図形を連続反復的に配置した構成で、全体として装飾的な地模様として認識されるため、これに接する需要者が何人かの業務に係る商品であることを認識することができないとの理由で、識別力がないと判断されていました(商標法第3条第1項第6号)。

つまり、①~③商標は、単に、「商品に施される模様(デザイン)」として認識されることから、「商標(出所を表すもの)」とは認識されないと判断された、と考えられます。

また、①~③商標は、比較的単純な模様と思われ(拒絶理由によれば、①及び②商標は、それぞれ「市松模様」「麻の葉模様」と呼ばれている良く知られた模様のようです)、このような模様は、多くの人が使用を欲するものであり、特定人に独占を認めてしまうと、不利益が大きいものと考えます。

このような理由も背景として、拒絶されたのではないかと私は考えています。

 

では、このように拒絶された場合、どのように対応をすればよいのでしょうか。

心を燃やせばよいのでしょうか。


商標法第3条第1項第6号の審査基準によれば、「使用をされた結果需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができるに至っているものについては、本号に該当しないと判断する。」とあります。

よって、この審査基準に従えば、①~③商標を指定商品に使用したことを示す証拠を提出し、使用の結果、①~③商標が出願人の商標(出所を表すもの)と需要者に認識されていることを、意見書や審判請求書で説明するといった対応が考えられます(当該対応を取った後、再度、特許庁が審査・審理を行い、最終的に拒絶するか又は登録するかの判断を行います)。

この点、①商標によく似た登録第4901617号(いわゆるルイ ヴィトンの「ダミエ」)は、①~③商標と同様の拒絶理由が通知されていますが、登録となっています。

 

登録第4901617号(権利者:ルイ ヴィトン マルチェ)

これは意見書及び審判請求書で上述の対応を取ったことにより、特許庁は登録を認めたと推測され、審決では以下のように判断されています。


<拒絶平10-019177

請求人(出願人)は、・・・1888年に、・・・「ダミエキャンバス」または「ダミエ」と称される素材を使用したトランクを発表し、その後、1996年に、・・・前記「ダミエキャンバス」または「ダミエ」を素材とした復刻限定商品を発売し、その後現在に至るまでも、「バック、財布」等多種類の製品を製作、発表している。そして、これらは、「ダミエキャンバス」または「ダミエ」として知られ、人気を博していることが認められる。そうすると、本願商標は、これをその指定商品について使用したときには、これに接する取引者・需要者をして、該商品が請求人(出願人)の業務に係る「ダミエキャンバス」または「ダミエ」であると認識させるから、十分に自他商品の識別標識として機能するものであって、需要者が何人の業務に係る商品であるかを認識することができないものということはできない。したがって、本願商標が商標法第3条第1項第6号に該当するとした原査定は、妥当でなく、取り消されるべきである。

 

ここまで読んで頂いた方の脳内BGMは、「登録~♪になる~♪理由を知った~♪」かと思います。

現状では、①~③商標について、意見書が提出された事実は確認できませんが、最終的に拒絶査定となるか又は登録査定となるか、注目していきたいと思います。

今日はここまでです!(D.M)

*****************お知らせ*****************

創英では、オンライン個別説明会(新卒、転職者向け)を随時開催しております。

60分間の枠内で行う1対1形式(または2人以上の集合形式)の説明会です(東京・京都・福岡共通)。

対象:

・特許事務所で知財の実務担当者として働きながら、知財のプロフェッショナルになることを検討しておられる方

・実務経験/未経験は不問。未経験者歓迎。創英の「叩き上げメソッド」で一人前になって下さい。

・弁理士、弁理士試験合格者、弁理士志望者歓迎

お申込みはこちらから。

*****************************************


にほんブログ村 
弁理士ランキング



2021年6月8日火曜日

リペアバリアとバリアリペアは類似する?~前後の二語を入れ替えた商標の類否について~

弁理士のR.Hです。

本日の気温は30℃に迫るとのことです。

梅雨にも入るはずですし、体調管理に気を付けていきたいですね。


今回取り上げる審決は前後の二語を入れ替えた商標の類否についてです。

なかなか悩ましい問題ですが、後述のとおり特許庁の見解も割れているようです。


 

1.事件の概要(異議2019-900373)

登録第6185890号に対する無効審判事件。異議申立人は、4条1項10号、11号、15号の該当性を主張したが、請求棄却、権利維持となった。

2.登録商標

本件商標:リペアバリア(登録第6185890号)

権利者:ロート製薬株式会社

指定商品:

・第3類「口臭用消臭剤,動物用防臭剤,せっけん類,歯磨き,化粧品,香料,薫料,つけづめ,つけまつ毛,化粧用コットン,化粧用綿棒」

・第5類「薬剤(農薬に当たるものを除く。)」等

3.引用商標

引用商標:バリアリペア(登録第5177235号)

権利者:株式会社 マンダム

指定商品:第5類「せっけん類,香料類,化粧品,歯磨き,つけづめ,つけまつ毛」

4.審判の判断

審判では以下のように判断し、4条1項10号、11号、15号の該当性を否定しました(下線は筆者)。

<引用商標の周知性>

(遅くとも2010年頃から販売され,現在まで継続して販売されていること、各種ランキングで上位に入っていること、2017年9月からテレビCMが放映されたことがうかがえるが)申立人商品の売上高,シェアなど販売実績を示す主張はなく,その証左は見いだせない。…

申立人の業務に係る商品を表示するものとして需要者の間に広く認識されているものと認めることはできない。

<類否判断>

【外観】

外観の識別上重要な要素である語頭における「リペ」と「バリ」の文字の差異などを有し,その差異が…視覚的印象に与える影響は大きい

【称呼】

称呼の識別上重要な要素である語頭における「リペ」と「バリ」の音の差異などを有し,その差異が共に6音構成という短い音構成からなる両称呼全体に与える影響は大きく…称呼上,相紛れるおそれなし

【観念】

両商標は共に特定の観念を生じないものであるから,観念上,比較することができない。

→「修繕する,修理する」などの意を有する「リペア」の語と「さく,障壁」などの意を有する「バリア」の語の前後を入れ替えて結合してなるものといい得るとしても,それらを結合した「リペアバリア」及び「バリアリペア」の文字全体としては…いずれも特定の観念を生じないものと判断するのが相当

(周知性の否定、商標非類似で10号、11号、15号否定)

5.その他前後の二語を入れ替えた商標の類否について

同様の事例がないか調べたところ、少し調べただけでも以下の審決が見つかりました。

その類否判断は特許庁でも分かれているようです。

<非類似と判断された事例>

①「FusionDataVSDATAFUSION」(不服2016-650065

②「腎活」VS「活腎」(異議2015-900199

③「ファインクール」VS「クールファイン」(異議2014-900142

④「ウェーブストーン」VS「ストーンウェイブ」(不服2012-26011

⑤「キッチンワールド」VSWORLD KITCHEN」(異議2011-900139        

⑥「DRYFINEVSFINEDRY」(異議2010-900174

⑦「STAR JETVSJETSTAR」(異議2010-900174

⑧「free twistVS「ツイストフリー\TWISTFREE」(異議2007-900421

⑨「ブリーダートップ」VS「トップ ブリーダー」(無効2000-35449

<類似と判断された事例>

①「優肌」VS「肌優」(不服2011-3665

②「HEATFIBER\ヒートファイバー」VS「ファイバーヒート\fiberheat」(不服2010-6712

③「アースプラネット\EARTHPLANETVSPLANET EARTH」(異議2010-900174)※

④「JapanCareer【ジャパンキャリア】」VSCAREER JAPAN」(不服2008-25405

⑤「REPAIRNIGHT\リペアナイト」VSNIGHT REPAIR\ナイト リペア」(異議2010-900174)※

⑥「パワーテーピング」VS「テーピングパワー」(不服2008-23597

⑦「NetTouchVSTOUCHNET」(不服2008-11950

⑧「開運風水」VS引用商標「風水開運」(異議2005-90392)※

⑨「スリムフィット」VS「フィットスリム\FIT SLIM」(異議2005-90392

※権利者からの反論無し

6.おわりに

ここ数年の審決では非類似と判断される傾向にあるようですが、登録後にも異議申立て等を受けるリスクがありますので、先行商標調査で前後を入れ替えた商標が発見された時点で別商標を採択するという選択肢も考えられます。

興味深いのは類似・非類似のいずれの審決でも「観念は生じない」と認定している事例が多いことです。

類似の方では「特定の観念を認識させず、二語のどちらが前でどちらが後ろだったかの順番を混同する」、非類似の方では「造語同士で観念を比較できない。」との判断方法で結論が異なっています。

また「優肌」VS「肌優」のように、指定商品(化粧品等)の分野でよく用いられる語を入れ替えたに過ぎない場合は類似すると判断される可能性が高まるように思われます。

取り上げた審決では引用商標の周知性が否定されていますが、仮に被服の分野で著名な「ヒートテック」と「テックヒート」の類否・混同の有無が争われたらどうでしょうか?一方が著名であれば混同は生じず非類似なのか、著名商標のイメージに引き寄せられるとして類似なのか…さらに検討したいと思います。

写真無しの映えないブログとなりましたが、今後も不定期で審決紹介させていただきます。

R.H
 
 興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。

2021年5月16日日曜日

♪何事もコミュニケーション次第!?♪

 コロナによるステイホームの影響で、昨年から家庭菜園を始めました。

今年も緊急事態宣言が発令されたため、我が家の家庭菜園は「シーズン2」に入りました。

今年も定番のきゅうり、ミニトマト、インゲン、ピーマン、シシトウ、オクラを庭一杯に育てています。


昨年植えたアスパラガスは、1年間の栄養分を吸収して根を張り巡らし、かなりの収穫をもたらしてくれるようになりました。とある筆記具メーカーの有名な油性ペンと比較しても、その太さは負けません。

昨年、水やり不足で失敗したナスは、リベンジが必要です。洗車用のホースからいつでも水をあげられる駐車場脇通路の花壇に植えました。失敗から学ぶことが必要です。

さらに今年は新しいことにもチャレンジです!

かぼちゃやスイカも植えてみました。大きなカボチャやスイカがゴロゴロと実っている光景を想像すると、心が躍ります。


ところで、この家庭菜園の写真をフェイスブックに掲載したところ、O くんからメッセージが届きました。Oくんは、中学時代のサッカー部のチームメイトで、今はプロの農家として大規模に農業をやっています。彼からのメッセージは、「朋也、野菜作りのコツは、土と苗とのコミュニケーションだよ! 野菜つくりのプロにいつでも聞いてくれ」というものでした。

このO君については、今でも忘れられない思い出があります。中学時代のサッカー部での話ですが、先輩が引退し、我々の学年がチームの主体になるときがきました。そしてそのタイミングでユニフォームを新調することになりましたが、「ブラジルの黄色がいい! 帝京高校も黄色だし」、「いや、オランダのオレンジだ! 明るくてかっこいい!」、「新潟工業高校の紫もいいんじゃない?」といった具合で、なかなか意見がまとまりません。そこで、「じゃあ、次の試合で一番活躍した人がユニフォームの色を決めよう!」ということになりました。

その試合の日は、土砂降りの雨でした。グランドにも水がたまり、ほとんど田んぼのような状態です。みんな足をとられて思うようにプレーができないなか、一人だけ水を得た魚のように生き生きと動き回る選手がいました。Oくんです。日頃から親の仕事を手伝って田んぼの中を走り回っていたのかどうかはわかりませんが、とにかくその試合ではOくんが決勝ゴールを決め、大勝利を挙げました。

その試合で大活躍し、ユニフォームの色を決める権利を得たOくんが選んだ色は、なんと、臙脂(えんじ)色⤵⤵。Oくんは、当時、2度も全国制覇をした古河一高の臙脂のユニフォームにあこがれていたのです(注:私とOくんが通っていた中学校は古河市内の中学校です)。以後、1年間、Oくん以外のメンバーが鬱々として臙脂のユニフォームを着て試合に臨んでいたことは、今となっては良い思い出です。

話が横道にそれましたが、今年は、O君のアドバイスに従い、土と苗とのコミュニケーションをうまくとりながらおいしい野菜を作っていきたいと思います。

(意匠商標部門長T.K.

 

興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。


にほんブログ村
にほんブログ村

2021年4月30日金曜日

~審決紹介~ 「しょうゆ差し」立体商標の識別力

 「とんかつ三田」が閉店してしまった!!


少し前の話になりますが、横浜市日吉の「とんかつ三田」(とん三田)が、令和3331日をもって閉店するとの噂を聞きつけ、商標弁理士T.T.は駆けつけました!
 青春の味に別れを惜しもうと、私だけでなく、学生から社会人までもが列を成し、まるでそこはラーメン二郎。噂によると、列が日吉駅を横切り、綱島街道まで突破したとか?

 やはり、「とん三田」と言えば、唐揚げ定食(昼
820円、夜920円)。デカ唐揚げの山盛りに加え、ご飯とみそ汁がオカワリ食べ放題!なんと、贅沢品なのでしょう。
 私も、親から毎日500円の昼食代を貰いながら、平日は180円の学食うどんで耐え忍び、土曜の部活の合間に「とん三田」唐揚げ定食で散在していました。


 とんかつ屋なのに、最後の最後で唐揚げ定食を頼むのは若干罪悪感ありましたが、周りもやっぱり唐揚げ定食を注文していて、みんな大好きなのでした。

さて、「とん三田」の商標的着目点といえば・・・
 とんかつ屋なのに唐揚げ定食が有名とか、日吉にあるのに「三田」を名乗るとか、これは役務の質の誤認のおそれはないのか?・・・といったこともあるかもしれませんが、弁理士T.T.
が着目したのは、テーブル上のしょうゆ差し   

(写真一番左の容器)

 このしょうゆ差し、立体商標として登録されているのです!
    
登録第6231658
(指定商品第21類「しょうゆ差し」、権利者:リス株式会社)    

しょうゆうことで、今回は、創英の審決研究会で過去に取り上げたしょうゆ差しの立体商標に関する拒絶査定不服審判(不服2019-7188)について、要約して紹介いたします。

不服2019-7188審決日:2020210日)

(1)事件の概要
 地模様的な装飾が施された商品(しょうゆ差し)の立体商標登録出願(商願2017-96914)について、自他商品識別力がないとした拒絶査定に対し、審決では、自他商品識別力があるとした事件。

(2)原査定の拒絶の理由(抜粋)
 本願商標の指定商品『しょうゆ差し』は、商品の機能の発揮や需要者の目を引くための装飾等を目的として、様々な立体形状が採用され、それに色彩、模様が用いられている実情があるから、これをその指定商品に使用しても、取引者、需要者は、商品の形状を立体的に表したものと認識するにとどまり、本願商標は、単に商品の形状を普通に用いられる方法で表示してなるものといえる。したがって、本願商標は、商標法第3条第1項第3号に該当する。

(3)審判請求人の主張(審判請求書より要約)

  1. 「通常の形状より変更され⼜は装飾を施される等により特徴を有しており」かつ「需要者において、機能⼜は美感上の理由による形状の変更⼜は装飾等と予測し得る範囲のもの」でなかった場合、⼜は「商品等の形状そのものの範囲を出ない⽴体的形状に、識別⼒を有する⽂字や図形等の標章が付されている場合」には、商標法第3条第1項第3号には該当せず、登録が認められるべきである。
    参照:審判便覧
    49.02〔基本的考え方〕(1)(3)

  2. 商品等の形状と模様のみからなる立体商標であっても、商標登録例がある。
    (登録例の一部抜粋)

    登録5485174
    (第5類「薬剤」

    登録5882712
    (第3類「化粧品」等)


  3. 地模様的に散りばめられたサクランボの図形は、自他商品識別力を有し、商品等の美感や機能等を向上させるための装飾又は単なる地模様的装飾ではない

    ◆ 「ブルーム」シリーズと呼ばれる調味料入れとして、1987年から30年以上発売されたロングセラー商品で、需要者もサクランボ図形を目印として使用している事実も確認できる。

    ◆ 
    サクランボの平面図形について商標登録例がある。

    (登録例の一部抜粋)

    登録5267502
    第3類「化粧品」等


    登録6019896
    25類「被覆」等

    ◆ 平面の地模様的な図形にも商標登録例がある。
    (登録例の一部抜粋)

    登録3093184
    39類「バスによる輸送」等

    登録5786168
    第9類「カメラ用ケース」等

  4. 本願商標が、「しょうゆ差し」を扱う取引界で商品の形状として普通に使用されている事実はなく、需要者等に普通に用いられる方法で表示する標章としては認識されていない。

(4)当審の判断(一部抜粋)
 「さくらんぼ図形は、指定商品との関係において、商品の美感や機能等を向上させるための装飾として認識されるというよりは、むしろ、さくらんぼをモチーフとした特徴的な図形として認識、理解されるものといえ、それ自体が自他商品識別標識としての機能を十分に果し得るものとみるのが相当である。」として、商標法313号には該当しないことから、原査定を取消し、商標登録された。


🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒 🍒

 以上のように、サクランボ模様しょうゆ差しの立体商標登録出願は・・・

①商品の形状と模様のみからなる立体商標・サクランボ図形・地模様の商標登録例

30年以上に及び長年使用されている点

③他者によりサクランボ模様のしょうゆ差しが使用されている実情がない点

といった理由が総合的に考慮され、審判便覧49.02〔基本的考え方〕(3)商品等の形状そのものの範囲を出ない⽴体的形状に、識別⼒を有する⽂字や図形等の標章が付されている場合」に該当し、サクランボ模様には自他商品識別力があることから、商標登録が認められたものと考えられます。

 しかしながら、今回の登録立体商標は、サクランボ模様に識別力が認められたのであり、しょうゆ差しの形状そのものには識別力があると認められたわけではありませんので、「とん三田」に置いてあるような「模様ナシしょうゆ差し」までもが、商標権の効力を有しているとはいえないことに注意しましょう。

(T.T.)




にほんブログ村
にほんブログ村

2021年4月28日水曜日

♪オンライン新人歓迎会~その2♪

  先週の商標チームのオンライン新人歓迎会に続き、今週は、意匠チームのオンライン新人歓迎会が開催されました。


緊急事態宣言下で、夜の街に繰り出すことはできませんが、工夫をすれば楽しい会ができます。今回の幹事のMくんは、Great Jobでした!

まず驚いたのは、オンライン歓迎会の会場にログインすると、素敵なジャズがBGMとして流れていました。茨城の自宅から参加していても、銀座の高級なバーで飲んでいるような雰囲気を味わえました。

続いて、意匠チーム新人Hさんの紹介です。これも、単に自己紹介ではなく、クイズ形式での新人紹介です。Hさんの高校時代のエピソードや、海外留学時代のエピソードなどが盛り込まれており、みんなでチャットボックスに回答やコメントを書き込みながらワイワイと盛り上がりました。出血大サービスで、Hさんの高校時代のセーラー服姿の写真(秘蔵)も紹介されていました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、最後はH所長の中締めで終了する予定でしたが、H所長がオンライン上のステージに上がることができず、時間切れ・切断となってしまったことはご愛嬌です。



先週の商標チームのオンライン新人歓迎会、今週の意匠チームのオンライン新人歓迎会を通じて、オンラインでも、工夫次第でいろいろと楽しめることが分かりました。

今後も、いろいろと工夫して、大いに楽しみ、チームの結束を高めていきたいと思います。

(意匠商標部門長 T.K.

 

興味を持っていただけたら、下記ボタンのクリックをお願いします。


にほんブログ村
弁理士ランキング